トヨタ、ロシア工場から従業員の帰国を指示!その他の企業はどうする?

今日は、ウクライナ情勢に伴う日本の自動車会社の動向についてです。
トヨタ自動車は3月7日、ロシアの子会社に出向している従業員に対し、帰国を指示したと発表しました。
外務省はロシア在住の日本人に民間航空便での出国を検討するよう呼びかけており、日本企業でも従業員の安全を確保するためロシアから避難させる動きが相次いでいる。
トヨタ自動車は、社員26人とその家族を含む計48人に帰国を命じた。
操業が再開され次第、日本へ帰国させる予定です。
トヨタはサンクトペテルブルクの工場の操業を停止している。日産自動車とマツダもロシアから現地生産拠点に従業員を移動させた。
三井物産は、ロシア駐在員の家族の強制送還を開始した。同社広報部は「駐在員の安全を第一に考え、さまざまな選択肢を検討している」としている。建設機械などを現地で製造・販売するコマツは日本人従業員に一時避難を指示し、KDDIも同社に出向している日本人従業員とその家族の避難を手配している。
これから、トヨタは日本の工場の増産に動くと思います。
期間工を募集することになると思います。
期間工は、高給料、寮費無料、大企業で働けるので福利厚生が厚いなどとても好待遇な条件で働くことができる仕事です。
トヨタの期間工についてもっと知りたい方は下のページで詳しく紹介しているので一度ご覧ください。
トヨタ期間工