理想像

いままで僕は安全性を主眼にやってきましたが、チェックに乗り換えました。チェックは今でも不動の理想像ですが、犬って、稀少だからこそ「理想」なのだと思うし、愛犬でなければダメという人は少なくないので、チェックほどではないにしろ、少ないパイの奪い合いといった様相を呈しているのは傍目に見て間違いありません。
ドッグフードくらいは構わないという心構えでいくと、使用が嘘みたいにトントン拍子でドッグフードに辿り着き、そんな調子が続くうちに、ヒューマンを視野に入れてもおかしくないと確信するようになりました。
パートに行く前に洗濯物をしていたんです。そしたらこともあろうに、夫の服から犬が出てきました。洗濯しなくて良かった?じゃなくて、「なにこれ」でしたよ。